米国ETF

投資・お金の知識

【米国ETF】OEFの株価や配当金、連動指数、年平均リターンなどの基本情報について徹底解説

こんにちは、AYLBlog を運営しているRyoです。 今回はS&P100に連動するETF『OEF』について解説していきます。 この記事は下記のようなことを知りたい方におすすめの記事になっています。 ▷ OEF...
投資・お金の知識

【米国ETF】SPTMの株価や配当金、連動指数、年平均リターンなどの基本情報について徹底解説

今回は米国市場全体の約90%を網羅しているETF『SPTM』について解説していきます。この記事ではSPTMの株価や配当金、連動指数(ベンチマーク)、年平均リターンなどの基本情報について徹底解説しています。SPTMは2000年に誕生している歴史あるETFであり、設定来の年平均リターンが7%を超えています。
投資・お金の知識

【米国ETF】PFFの株価や配当金、連動指数、年平均リターンなどの基本情報について徹底解説

今回は優先株式に投資が出来るETF『PFF』について解説していきます。この記事ではPFFの株価や配当金、連動指数(ベンチマーク)、年平均リターンなどの基本情報について徹底解説しています。PFFは日々の株価が安定しており、それでいて年間配当利回りが4%を超えるため、インカムゲインが欲しい人にはおすすめです。
投資・お金の知識

【米国ETF】SPLGの株価や配当金、連動指数、年平均リターンなどの基本情報について徹底解説

今回はS&P500連動ETF『SPLG』について解説していきます。この記事ではSPLGの株価や配当金、連動指数(ベンチマーク)、年平均リターンなどの基本情報について徹底解説しています。SPLGは2020年1月に連動指数をS&P500に変更したことで、S&P500連動ETFの仲間入りをしました。
投資・お金の知識

【米国ETF】SPXLの株価や配当金、連動指数、年平均リターンなどの基本情報について徹底解説

今回は米国のレバレッジETF『SPXL』について解説していきます。この記事ではSPXLの株価や配当金、連動指数(ベンチマーク)、年平均リターンなどの基本情報について徹底解説しています。SPXLはS&P500の日々の値動きの3倍を目標にしているということで上昇相場ではかなりの高リターンが期待出来るETFになっています。
投資・お金の知識

【米国ETF】RDVYの株価や配当金、連動指数、年平均リターンなどの基本情報について徹底解説

今回は米国の配当成長ETF『RDVY』について解説していきます。この記事ではRDVYの株価や配当金、連動指数(ベンチマーク)、年平均リターンなどの基本情報について徹底解説しています。RDVYは他の配当成長ETFよりも株価上昇率は高いのですが、配当金推移については不安定で過去に2度の減配を行っています。
投資・お金の知識

【米国ETF】配当利回り12%!RYLDの株価や配当金、連動指数、年平均リターンなどの基本情報について徹底解説

今回はQYLDを超える配当利回りのETF『RYLD』について解説していきます。この記事ではRYLDの株価や配当金、連動指数(ベンチマーク)、年平均リターンなどの基本情報について徹底解説しています。RYLDはカバードコール戦略を採用しているため、値上がり益を放棄する代わりに配当利回り12%と言うインカムを得ています。
投資・お金の知識

【米国ETF】DGROの株価や配当金、連動指数、年平均リターンなどの基本情報について徹底解説

今回は米国の配当成長ETF『DGRO』について解説していきます。この記事ではDGROの株価や配当金、連動指数(ベンチマーク)、年平均リターンなどの基本情報について徹底解説しています。DGROは株価上昇はもちろんのこと、配当成長ETFにも関わらず配当利回りが2%と他の配当成長ETFよりも高水準になっています。
投資・お金の知識

【米国ETF】SCHDの株価や配当金、連動指数、年平均リターンなどの基本情報について徹底解説

今回はキャピタルゲインとインカムゲイン両方に期待が出来る高配当ETF『SCHD』について解説していきます。この記事ではSCHDの株価や配当金、連動指数(ベンチマーク)、年平均リターンなどの基本情報について徹底解説しています。SCHDは配当利回り3%にも関わらず驚異的な株価上昇を見せる、期待の高配当ETFになります。
投資・お金の知識

【米国ETF比較】VTIvsVOO(IVV)一括/積立投資によるリスク・リターン比較

この記事では米国市場全体に投資が出来るETF『VTI』とS&P500に連動するETF『VOO/IVV』の比較を行っています。一括投資をした場合のリスク・リターン比較や積立投資をした場合のリスク・リターン比較を行っているため、どちらに投資を行うべきかが分かると思います。
タイトルとURLをコピーしました