【アメリカの株価指数】NASDAQ(ナスダック)総合指数やNASDAQ100の構成銘柄などについて解説

投資・お金の知識
この記事は約7分で読めます。

こんにちは、AYLBlog を運営しているRyoです。

今回はアメリカの代表的な株価指数である『NASDAQ(ナスダック)総合指数とNASDAQ100』について解説していきます。

NASDAQ指数はS&P500などと同様に世界的に有名な株価指数になります。

NASDAQにはGAFAM(ガーファム)と呼ばれる世界のIT市場をけん引する企業も上場しており、株価を大きく押し上げています。

この記事では、

NASDAQとは

▷ NASDAQ総合指数について

▷ NASDAQ100について

▷ NASDAQ100指数に投資出来るおすすめ商品

について解説しています。

スポンサーリンク

NASDAQとは

まず初めにNASDAQについて解説していきます。

世界初の電子株式取引所として設立された証券取引所

NASDAQ(ナスダック)とは、National Association of Securities Dealers Automated Quotationsの頭文字を取ったもので、1971年に全米証券業協会によって設立された世界初の電子株式取引所になります。

NASDAQはアメリカ合衆国にある世界最大の新興企業( ベンチャー )向け株式市場であり、世界のIT市場をけん引する企業GAFAMも上場しています。

NASDAQにはアメリカの企業だけでなく、日産自動車や任天堂、東京海上ホールディングス、三菱電機など日本の企業も上場しています。

GAFAMとは:Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoftの頭文字を取ったもの

NASDAQ総合指数とは

次にNASDAQ総合指数について解説していきます。

NASDAQに上場している3000銘柄すべてを対象にした株価指数

NASDAQ総合指数とは、NASDAQに上場している3000銘柄すべてを対象に、時価総額加重平均で算出した株価指数になります。

時価総額加重平均を簡単に説明すると、時価総額が大きい企業の銘柄の割合が多くなり、時価総額が小さい企業の銘柄の割合は少なくなるといった特徴があります。

NASDAQには、Microsoftなどのハイテク関連企業やGoogleなどのインターネット関連企業が数多く上場しているため、現在ではハイテクやネット関連業界の動向を見るうえで重要な指数になっています。

NASDAQ総合指数は、1971年2月5日の算出開始時点における終値を基準値『100』としており、2021年2月20日現在は『13874.46』となっています。

上記より約50年で138倍以上に成長した指数だということがわかります。

年平均リターンを求めると、10.59%と驚異的な成長をしていることがわかります。

時価総額TOP10

2021年2月20日現在のNASDAQの時価総額TOP10は下記のようになっています。

名称[ティッカー]時価総額(千ドル)
アップル[AAPL]2,180,270,028
マイクロソフト[MSFT]1,817,447,733
アマゾン・ドットコム[AMZN]1,636,535,058
テスラ[TSLA]749,933,543
アルファベット[GOOG]688,242,006
フェイスブック[FB]629,169,086
アルファベット[GOOGL]628,182,622
エヌビディア[NVDA]369,580,140
ペイパル・ホールディングス[PYPL]336,033,749
インテル[INTC]256,009,630

NASDAQ総合指数の過去からの株価推移

下記画像は1973年から現在までのチャートになります。

長期的に見ても安定して右肩上がりをしており、特に直近の上昇率が凄まじいものになっています。

S&P500のチャートと見比べると分かりますが、比べ物にならないぐらいの急カーブを描いています。

出典:トレーディングビュー IXIC指数チャート

NASDAQ100指数とは

次にNASDAQ100指数について解説していきます。

NASDAQの上位100銘柄

NASDAQ100指数とは、NASDAQに上場している金融銘柄を除く、時価総額上位100銘柄を対象に時価総額加重平均で算出した株価指数になります。

NASDAQ100指数は毎年12月に定期的に銘柄の入れ替えが行われています。

また、構成銘柄の1つの時価総額が指数の全構成銘柄の時価総額の24%を超えた場合などには、特別な調整が行われ、少数の銘柄が指数に大きな影響を与えることを防止しています。

NASDAQ100指数は、1985年1月31日の算出開始時点における終値を基準値『125』としており、2021年2月20日現在は『13580.77』となっています。

年平均リターンを求めると、14.33%とNASDAQ総合指数を上回る成長率を見せています。

NASDAQ100指数の時価総額TOP10はNASDAQ総合指数の時価総額TOP10と同じになります。

NASDAQ100指数の過去からの株価推移

下記画像は1985年から現在までのチャートになります。

パッと見た感じはNASDAQ総合指数と同じように右肩上がりを続けており、直近の上昇率がすさまじいことになっていると言った感じです。

出典:トレーディングビュー NDX指数チャート

NASDAQ100指数に投資出来るおすすめ商品

次にNASDAQ100指数に投資出来るおすすめ商品について解説していきます。

おすすめの投資信託

投資信託は一度積立設定をしてしまえば、あとはほったらかしで大丈夫なため一番簡単な投資方法になると思います。

下記商品がおすすめの投資信託になります。

①iFreeNEXT NASDAQ100インデックス

②eMAXIS NASDAQ100インデックス

iFreeNEXT NASDAQ100インデックスに関しは純資産が200億円以上あり、信託報酬は0.495%となっています。

eMAXIS NASDAQ100インデックスに関しては設定日が2021年1月29日とまだ日が浅い投資信託になりますが、純資産が30億円で信託報酬は0.44%となっています。

個人的には信託報酬を抑えることに注力しているeMAXIS Slimシリーズで出て欲しいなと思っています。

さらにリスクを取ってリターンを増やしたい方向けにレバレッジを効かせた投資信託もあります。

それが『iFreeレバレッジ NASDAQ100』になります。

この商品はレバレッジが2倍かかっており、指数の動きが通常の2倍になっています。

そのため、NASDAQ100が1%以上するとその2倍の2%上昇し、NASDAQ100が1%下落するとその2倍の2%下落すると言ったリスクが大きな商品になっています。

ちなみに純資産は536億円で信託報酬は0.99%になっています。

レバレッジ:てこの原理という意味で、小額で大きな取引が出来ること。

      レバレッジ2倍であれば、元本が10万円で20万円分の取引が出来る。

投資信託について詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください。

おすすめの米国ETF

米国ETFは投資信託よりも信託報酬が低く設定されています。

しかし、分配金の再投資が自動的に出来ない、分配金に税金がかかるというデメリットがあります。

下記がおすすめの米国ETFになります。

①QQQ(インベスコQQQトラスト・シリーズ1)

このETFは信託報酬が0.2%と投資信託の半分以下となっています。

分配金利回りも0.7%あります。

ETFについて詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください。

まとめ

今回はアメリカの代表的な株価指数である『NASDAQ(ナスダック)総合指数とNASDAQ100』について解説してきました。

NASDAQ指数に投資をしようと思うとNASDAQ100指数にしか投資することは出来ませんが、年平均リターンを見てもかなりの成長をしていることがわかります。

以前解説した王道な投資先である『S&P500』を楽々超えていくほどの成長率になります。

下記は以前解説したS&P500の記事になります。

もちろんこれからも年平均リターン通りの成長を見せるかどうかはわかりません。

しかし、過去の値動きを根拠に投資する価値は十分にあると言えます。

他にも日経平均株価についても解説しているのでそちらも興味があればご覧ください。

自分に合ったリスクを取って、賢く資産形成していきましょう!

Twitterでブログの更新や自分が影響を受けた言葉などについて発信しているため、そちらのフォローもよろしくお願い致します!

最後までお読みいただきありがとうございました!

投資する際の最終判断は自己責任でお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました