【米国ETF】VYMの株価や配当金、連動指数、年平均リターンなどの基本情報について徹底解説

投資・お金の知識
この記事は約7分で読めます。

こんにちは、AYLBlog を運営しているRyoです。

今回は米国の高配当ETFの代表格である『VYM』について解説していきます。

この記事は下記のようなことを知りたい方におすすめの記事になっています。

▷ VYMの概要

FTSE High Dividend Yield Indexについて

▷ VYMの特徴

▷ VYMのセクター構成比率

▷ VYMの組み入れ銘柄TOP10

▷ VYMの株価推移と配当金推移

▷ VYMの年平均リターン

米国の代表的な高配当ETFには他にもHDVやSPYDと言ったものがあります。

HDVについて詳しく知りたい方は『【米国ETF】HDVの株価や配当金、連動指数、年平均リターンなどの基本情報について徹底解説』の方をご覧ください。

SPYDについて詳しく知りたい方は『【米国ETF】SPYDの株価や配当金、連動指数、年平均リターンなどの基本情報について徹底解説』の方をご覧ください。

スポンサーリンク

VYMの基本情報

まず初めにVYMの基本情報について解説していきます。

バンガード社が運用している高配当ETF

名称:Vanguard High Dividend Yield ETF(バンガード・ハイディビデンド・イールドETF)

連動指数:FTSE High Dividend Yield Index(インデックスティッカー:FTGPVAN001)

運用会社:Vanguard(バンガード)

ファンドの設定日:2006年11月10日

組み入れ銘柄数:410銘柄

純資産総額:4兆9513億円(2022/2/19の為替レート換算)

経費率:0.06%

直近配当利回り:3.41%

配当金支払月:3月、6月、9月、12月

FTSE High Dividend Yield Index(FTGPVAN001)とは

FTSE High Dividend Yield Index(FTGPVAN001)とは、米国株式市場における高配当利回りの銘柄を対象とし、REITを除く銘柄で構成される時価総額加重平均型の株価指数になります。

下記画像はFTSE High Dividend Yield Index(FTGPVAN001)の設定来のチャートになります。

設定来のCAGR(年平均成長率)は4.75%となっています。

リーマンショックを経験しているため、CAGRが低くなってしまっています。

出典:Investing.com FTSE High Dividend Yield Index

VYMの特徴

配当利回りが3%前後があり、安定したインカムを得ることが出来る

基本的には配当利回りが上がれば、配当金が月によって大きく変動したり特殊な運用をしていたりとリスクも大きくなっていきます。

VYMは配当利回り3%とそこまで配当利回りが高いというわけではないため、比較的安定したインカムを得ることが出来ます。

資産増加や将来の受取配当金の増加が見込める

VYMは配当利回りのわりに株価上昇率が高いので資産増加にも大きく寄与しますし、増配率も高いので受取配当金も年々増加していきます。

超低コストで運用することが可能

米国ETFの中では上位にランクインするほど経費率が低くなっています。

ちなみに米国ETFの最低経費率は0.03%になります。

VYMのセクター構成比率

次にVYMのセクター構成比率について解説していきます。

VYMのセクター構成比率

下記画像は2021年11月30日時点でのVYMのセクター構成比率になります。

VYMは景気循環で示す、不況、回復に強いセクターが上位を占めています。

ちなみに不況時に強いセクターは生活必需品、公益事業、ヘルスケア、景気回復時に強いセクターは金融、資本財、一般消費財、不動産になります。

VYM セクター構成比率

VYMの組み入れ銘柄TOP10

次にVYMの組み入れ銘柄TOP10について解説していきます。

VYMの組み入れ銘柄TOP10

下記画像は2021年11月30日時点でのVYMの組み入れ銘柄TOP10になります。

エクソンモービルやジョンソン・エンド・ジョンソン、プロクター・アンド・ギャンブルなど連続増配年数が長い米国の大型株が多く採用されています。

VYM 組み入れ銘柄TOP10

スポンサーリンク

VYMの株価推移や配当金推移、年平均リターンについて

最後にVYMの株価推移や配当金推移、年平均リターンについて解説していきます。

VYMの株価推移

下記画像がVYMの設定来の株価推移になります。

長期的に見ると綺麗な右肩上がりで上昇を続けていることがわかると思います。

VYMは設定後すぐにリーマンショックが起こってしまったので、最初の方は株価が下がっていますが、リーマンショック後からコロナショック前までは順調に上昇し、コロナショック後も大きく上昇しています。

出典:トレーディングビュー VYM株価ファンドチャート

VYMの配当金推移

下記画像はVYMの設定来の配当金推移になります。

左の数値は1株当たりの配当金($)を示しており、右の数値は増配率(%)を示しています。

VYMは2009年と2010年だけ減配になっていますが、それ以外の年ではしっかり増配を行っています。

連続増配年数は11年となり、減配した年を含めたとしても年平均増配率は6.55%となっています。

VYM 配当金推移と増配率

下記画像はVYMの4半期ごとの配当金推移と増配率になります。

減配した2009年と2010年を除くと前年比の増配率はおおよそ-15%~+35%の間で推移しています。

そのため1回1回の配当金を見るというよりは年間で増配を行っていくかを見ていくことが重要になります。

VYM 4半期ごとの配当金推移と増配率

VYMの年平均リターン

下記画像はVYMの年平均リターンになります。

直近10年間の年平均リターンは12%以上もあり、設定来の年平均リターンを見ても8.3%以上の成長を見せています。

ただし注意して欲しいのはVYMは高配当ETFと呼ばれていますが株価が上昇しすぎて高配当とは言えない配当利回りになってきています。

ざっくり配当利回りが3%だとすると、株価の上昇9%+配当利回り3%で年平均リターンが12%になっていると考えると分かりやすいと思います。

実際投資のリターンは複利で考えるので上記のような計算にはなりませんが、イメージはしやすいと思います。

そのため、VYMは株価上昇の恩恵を受けつつ(資産額を増やしつつ)、配当金も少し欲しいと言った方に向いているのかなと思います。

自分も初めは投資予定銘柄に入っていましたが、自分は資産増加よりも年間配当額の増加を重視しているので株価の成長が低くても配当を多く出してもらえる銘柄をポートフォリオに採用しています。

出典:バンガード VYM

まとめ

今回は米国の高配当ETFと呼ばれる中の1つである『VYM』について解説してきました。

VYMは他の高配当ETFと比べると多くの銘柄に分散されており、リーマンショックを乗り越えているという特徴があるため、かなり人気のETFになります。

年平均リターンも設定来で8.3%以上あり、資産増加とともに年間配当額の増加に寄与してくれます。

しかし、直近の配当利回りを見ると3%を切っているため、高配当ETFと呼べるのか怪しいラインになってきたと思います。

米国の高配当ETFであるVYM、HDV、SPYDの比較も行っているので、気になる方は『【米国高配当ETF】VYM、HDV、SPYDのトータルリターンや受取配当金について比較』の方をご覧ください

もし自分の保有している銘柄について知りたいという方がいましたら『【高配当株式投資進捗】2022.4月の投資進捗と現在の金融資産額、トータルリターンについて』の方をご覧ください。

投資進捗では毎月購入した銘柄や受け取った配当金、MYPFのトータルリターンなどについての報告を行っています。

みなさんの投資の参考になれば幸いです。

Twitterでブログの更新や米国ETFの情報、自分の投資の状況などについて発信しているため、そちらのフォローもよろしくお願い致します!

最後までお読みいただきありがとうございました!

投資をする最終判断は自己責任でお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました